排卵日がわかる3つの方法

 

  1. 排卵前後の症状を知る方法
  2. おりもの量&状態で排卵日を知る方法
  3. 病院で排卵日を特定する方法

 

 

排卵前後の症状

 

排卵の前後に出る症状は、個人差がありますが・・・

 

排卵日 症状

 

●排卵痛
おなか(下腹部)が、チクチク痛む。

 

●唾液のネバつき
唾液(つば)が、ネバネバする。
これは医師も重要視する症状で、実際に唾液がシダ状に結晶化しています。

>>>排卵チェッカーを入手する

●体重の増加
子宮に体液を貯めるので、体重が増えます。
その理由は、排卵にあわせて、受精卵が着床するためのベッドをつくる準備をするため。

 

●出血
排卵前後に、出血することがあります。
不正出血(病気)との区別は、できません。

 

 

 

おりものを確認

 

おりものは、排卵が近づくと
量や状態に、3段階の変化がみられます。

 

排卵日 症状

出典:ジネコ http://www.jineko.net/

@月経直後:量&粘りが少ない
A排卵前後:量&粘り気が増す
B排卵直前:量&粘りがピーク!

 

 

病院で特定してもらう

 

排卵日を特定する目的で、婦人科に通院する方法もあります。※エコー&血液検査(初診料込みで約4,560円)

 

排卵日 症状

 

エコー検査で、あなたの卵胞の大きさを測ります。

●卵胞は1日に2mmずつ大きくなる
●卵胞が20mmになると、”排卵”がおきる

上の卵胞の特性をふまえて、排卵日を特定します。
例)あなたの卵胞が14mmなら、排卵日は3日後です。

 

 

排卵日特定から葉酸へボタン

  とても大事なことがあります。